お金の歴史

キャッシング・クレジット情報局!/お金の歴史
お金(貨幣)の歴史について少し考えてみよう!

普段私たちが何気なく使っているお金ですが、皆さんはどのようにして誕生したのか知っていますか?
ここではお金の歴史について少し勉強しましょう。

日本最初の貨幣と呼ばれるのが「富本銭」です。この「富本銭」はあることがきっかけで誕生します。
それは飛鳥時代に中国から伝わった双六に、物を賭けて勝負するギャンブルのチップから誕生しました(ギャンブルもここで誕生)。 当時貴族の間で大流行した双六。当初は物を賭けて勝負していたのですが、物々交換では同じものでも価値が違い、そのためトラブルが多発していたそうです。そこでトラブルをなくす為にチップとして使われたのが当時高価だった中国の貨幣です。
ですが、あまりにも高価だったので、天武天皇が中国の貨幣を真似て日本初の貨幣「富本銭」を作ります。こうして日本のお金が誕生したわけです。
この富本銭は貴族の間では価値のあるものとして使われ、朝廷もまたお金の価値に気づき大量に貨幣を発行したわけですが、1年後には偽金が出回り、一時日本の貨幣の半分が偽金だったと言われています。このため信用をなくし、貨幣が歴史から消え去ります。

そして、それから600年たった戦国時代にお金が復活します。
このお金を復活させたのが、皆さんご存知の太閤こと豊臣秀吉です。
お金の名前は「天正長大判」といい、金を大量に使った豪華な大判です。当時金は宝物としての意味合いが強く、お金としては認識されなかったのですが、豊臣秀吉が金をお金として使うように庶民の間に広めたことで全国で貨幣が統一されました。豊臣秀吉の死後、徳川家康がこれを受け継ぎ、小判や銭を作ります。

このようにして現在私たちが使っているお金ができました。
歴史って面白いですね。

[TOPへ]


『会社一覧』
レイク/アコム/スルガ銀行/ノーローン/SMBCコンシューマーファイナンス株式会社/アイフル/モビット/ポケットバンク/キャッシュワン/スタッフィ/ネオラインキャピタル
(C)キャッシング・クレジット
情報局!
since 2008