電子マネー基礎知識

キャッシング・クレジット情報局!/電子マネー基礎知識

Edy、QUICPay、iDなどの電子マネーが世間に認知されてきました。最近では、タクシーなどにも使えるところが出てきており、今後ますます広がる傾向にあると思います。

そもそもこの電子マネーとは、「貨幣価値を持つ電子的なデータ」のことです。
電子マネーにはウェブを用いた「ネットワーク型電子マネー」と、カードにICチップを埋め込こんでいる「カード型電子マネー」の2種類あり、現金・クレジットカードを使わずに決済手段として使われる新しいサービスです。
代表的で身近に感じていただけるものとして、JR東日本・西日本で使われている「Suica」「ICOCA」が挙げられます。自動改札口を通るときに、「ピッ」と音がしますよね。あれは、カードにICチップが埋め込まれており、読み取り部にタッチすることで決済される仕組みになっています。あとは、チャージという言葉があり、このチャージとは入金を意味します。よく使われる言葉なので覚えておいてください。

さて、それでは基礎知識に入っていきたいと思います。
1、カード型電子マネーには2種類に区分することができます。
買い物でよく使われるEdyなどを中心にした電子マネーと、JRなどの交通機関で使われるSuicaを中心とした電子マネーがあります。

2、精算の方法には、プリペイド型(前払い)とポストペイ型(後払い)の2種類あります。
プリペイド型は事前にチャージ(入金)する必要があり、チャージした分の範囲内でお金が使えます。お金の残高が減ってきたら何度でもチャージすることができます。
ポストペイ型は残額などを気にせずに使うことができ、1ヵ月のご利用金額が後でまとめて請求されます。チャージする必要がない為、プリペイド型よりも利便性が高いのが特徴です。

3、クレジットカード同様にポイント還元があります。
クレジットカードにはさまざまなポイントが付きますが、この電子マネーにもポイントが付きます。
電子マネーのポイントの付け方には2通りあり、1つは、電子マネーを使うことでポイントが付くケース。ポイントは電子マネーにチャージ可能です。
2つ目は、電子マネーを使うことで、提携しているカードのポイントが付くケース。このポイントも電子マネーにチャージしたり、マイルに交換することが可能です。

4、電子マネーの紛失・盗難の補償。
電子マネーの種類により補償内容が違います。
Edyはカードを紛失・盗難されてしまうと、残りの電子マネー残高は補償されません。Edyレスキューサービスも対象になりませんので、ご注意ください。
Suicaは住所・氏名などを事前登録している場合、利用停止手続きを申告した時点の残額が補償されます。その他にもたくさんの電子マネーがありますが、ここでは一部のみ記載させていただきました。

[TOPへ]


『会社一覧』
レイク/アコム/スルガ銀行/ノーローン/SMBCコンシューマーファイナンス株式会社/アイフル/モビット/ポケットバンク/キャッシュワン/スタッフィ/ネオラインキャピタル
(C)キャッシング・クレジット
情報局!
since 2008