クレジットの用途

クレジットカードの用途で1番目にあげられるのはショッピングです。
その理由の1つは、クレジットカードで買い物することにより「ポイント」が貯まるからです。現金で買い物してもポイントが付かないため、どうせ同じ買い物するならクレジットカードの方がポイントが付いて得だ!ということが理由です。

2番目にあげられるのが、クレジットカードについているキャッシングです。
普通のキャッシングよりも金利が高いのが難点ですが、いざという時にクレジットカードを使ってキャッシングできるため非常に重宝できるというのが理由です。

他にもいろいろな特典が付いたサービスもあり、クレジットカードが非常に便利だということは解っていただけたかと思います。


次のコーナーでは、クレジットカードの利用実態について説明します。
利用実態2007

[TOPへ]