ENEOSvs出光

ENEOSカードと出光カードまいどプラスのどちらのクレジットカードがお得か検証してみます。
よく行くガソリンスタンドの方がお得だというのは当然のことなのですが、それを言われると元も子もないので・・・。

ではまず、ENEOSカードから見ていきたいと思います。
ENEOSこと新日本石油はガソリンスタンド数でシェア1位です。

ENEOSカードは2007年10月1日より、ポイントプログラムや年会費などが変更されました。
変更内容は、請求時に軽油・ガソリンがリッター2円引き、灯油はリッター1円引きになり、出光カードまいどプラスなどに似たような形になりました。

ENEOSカードの特徴は、ENEOSのガソリンスタンドでガソリン・軽油を給油するとリッター2円引きになることですが、キャッシュバックの対象の上限がないので、いつでもリッター2円引きとなります。灯油はリッター1円引きです。
その他、新規入会特典として、ガソリン・軽油を1000円分プレゼントしています。

ポイントプログラムに関してですが、ENEOSカードのポイント還元率はあまりよくありません。給油以外は別のクレジットカードを使用した方がお得です。

年間費に関しては無料となっておりますが、年間1回のカード利用が必要となります。
しかし、驚くべきサービスはここからです!
実質年会費無料のカードなのに、ロードサービスや海外旅行保険までもが無料で付いてきます。
非常にお得なカードなので持っていても損のないカードです。

次は、出光カードまいどプラスについて見ていきたいと思います。
出光こと出光興産はガソリンスタンド数でシェア2位です。

出光カードまいどプラスの特徴は、出光のガソリンスタンドでガソリン・軽油を給油すると、月間300リッターまで2円引きとなります。灯油はリッター1円引きです。
その他、入会後1ヶ月間はガソリン・軽油がリッター5円引き、灯油がリッター3円引きになります。

ポイントプログラムに関してですが、こちらもENEOSカード同様にポイント還元率はよくありませんが、ENEOSカードよりはポイント還元率は高いです。給油以外は別のクレジットカードを使用した方がお得です。

年会費は無料です。ですが、ロードサービスが年間787円で付帯しています。
またこのカードで毎月5日と20日に、西友・リヴィンで買い物すると5%割引されます。
こちらのカードも非常にお得なカードなので持っていても損のないカードです。

さて、ここまでお互いの特徴を書いてきましたが、実際どちらもお得なんですよね。
しいて言えば、どちらのカードも給油専用で利用した時にだけ威力を発揮するクレジットカードなんですね。
どちらがお得なのかを言うのは難しいのですが、シェアが1位であるということと、月間300リッター以上給油する方などを考えると、ENEOSカードの方がお得なのではないでしょうか。

[TOPへ]