ANAマイルの改定

ANAマイルを貯めているマイラーにとって厳しいポイント改定。

ANAマイルを貯めるのによく使われている三井住友カードですが、2008年4月16日からANAマイレージポイントの交換率が引き下げられます。
年度手数料は6,300円から無料となりますが、2008年5月10日請求分よりEdyチャージのポイント付与も廃止されます。
ポイントに関しては、今までは1ポイント=10マイルだったのですが、今後は1ポイント=3マイルとなり、従来通り15,000マイルで国内航空券と交換する場合、今までよりも3倍以上の金額を使用しなければ15,000マイルに到達することができなくなります(陸マイラーにとってものすごく痛い!)。

このポイント交換率の引き下げについて、三井住友カードは「収益が伸び悩んだために引き下げることになった」と言っています。
ただ、この引き下げは三井住友カードだけではなく、他の会社にもこの動きが出てきています。

マイルを貯めるのに最適だった三井住友カード。
魅力が大幅にダウンする来月からは、三井住友カードを使っていたマイラーが離れて行くと思います。今後はANA編で紹介したANA JCBカードがよく使われるカードになると思います(理由はANA編で紹介しているので省略します)。
その他、マイルに魅力を感じなくなったマイラーの撤退も考えられます。それだけ今回の改定は改悪だったといえます。

[TOPへ]